このブログは、アフィリエイトプログラムやアドセンスを利用しています。

VS Code

WSLでnext.jsのセットアップをしてみた。

npx create-next-app@latest iwakura # iwakuraはアプリ名 で、以下のエラーが出ました。 '\\wsl.localhost\Ubuntu\home\tatsu\next.js\iwakura' 上記の現在のディレクトリで CMD.EXE を開始しました。 UNC パスはサポートされません。Windows ディレクトリ…

WSLからVS Codeを起動しよう

ターミナルでUbuntuを起動し、以下のコマンドを打ちました。 プロジェクト用のフォルダを作り、以下のコマンドを打つことがポイントです。 code . codeコマンドでVS Codeの起動が可能です。 専用の拡張機能WSLが必要です。 画面の表示に従い、VS Codeにイン…

VS Codeでプロファイルを新規作成する方法

左下の歯車マークをクリック プロファイル→プロファイルの作成をクリック プロファイル名を決めます。 next.js用の環境を新規で作りたいのでnext.jsとしました。 このように、VS Codeは拡張機能や設定がまっさらな環境を簡単に作ることができます。