このブログは、アフィリエイトプログラムやアドセンスを利用しています。

WSLからVS Codeを起動しよう

ターミナルでUbuntuを起動し、以下のコマンドを打ちました。

プロジェクト用のフォルダを作り、以下のコマンドを打つことがポイントです。

code .

codeコマンドでVS Codeの起動が可能です。

専用の拡張機能WSLが必要です。

画面の表示に従い、VS Codeにインストールします。

ここまでで、WSLとVS Codeでソフトウェア開発する下準備が整いました。